高取山(490m )
                                       2011年4月6日(水)快晴
                                                    
篳篥神社14:35→ 愛宕神社・聖山城跡14:45〜14:50→ 石作神社分岐15:30→ 高取山・展望場16:05〜16:10→
石作神社分岐16:40→ 石作神社17:00〜17:05→ 駐車地点17:20                        
山の地図(PDF版) / 目次へ
鳥取県若桜町の雪の下見の帰路だったが天気も良く時間もある。以前、HPを削除した高取山のことを思い出し再度
歩くことにした。道の駅「播磨いちのみや」で宍粟50名山のパンフを見て所在を確認すると道の駅「山崎」の近く
だ。しかし、登山口がどこだったか思い出せない。橋を渡りゆっくり走っていると見覚えのある駐車地点が見えた。

  兵庫西農業協同組合前に駐車した
  ここは営業されていないようだ

  篳篥神社(ヒチリキ)神社に入る
  篳篥とは雅楽に用いる竹製の楽器
案内板
 やまさき彩りの森の案内板を見て確認
 * 写真はクリックで拡大
案内柱と注意書
 登山口の案内柱には入山禁止の注意
 書きが * 写真はクリックで拡大

  木棚に沿って愛宕神社・聖山城跡
  まで行くことにする

  すぐに愛宕神社に着いた
  

愛宕神社から山崎の町並みがよく見えた
  
聖山城跡の説明書
  聖山城跡 * 写真クリックで拡大
  

  健脚向けルートを歩く
  

  深呼吸の広場にあった休憩所
  

  


休憩所からは山崎の街並みと揖保川が見えた
  

  沿道にはアセビの花が咲いていた

  二つ目の鉄塔(山崎支線6)が現れた

  鉄塔近くには三角点があった
鉄塔(山崎支線6)近くには、宍粟50名山本に書いてあったとおり三角点石が転がっていた。持ち上げると重い。 

  ここも健脚向ルートで登る
  

  山頂に到着
  

                     高取山の山頂にて
  

  


                 安富方面展望ポイントで休む
  

       登山記念の石碑
  
登山記念説明書
     * 写真はクリックで拡大
  

  休息後は標準ルートで下山する
  

  途中で分岐があり石作神社方面へ
  

  ここの下りは滑り易いので要注意だ
  

  鹿角が落ちていた、この時期は鹿角
  が落ちる頃なのだろう

  石作神社方面へ下る
  

  左に石作神社が見えてきたが道は
  大きく迂回することに!

  石作神社の入口に出たが、ここは
  中国自動車道の側道でもあった

  近くなので石作神社に寄ってみた
  

  あとは中国自動車道の側道に沿っ
  て駐車地点まで適当に帰る