大師山〜権現山(526.7m )
                                      2011年4月29日(金)晴れ
                                                    
登山口9:45→ 六角堂(休憩所)10:10〜10:20→ 464ピーク10:50→ 地形図卍11:15→ 権現山(昼食)11:35〜13:05
→464ピーク13:35→ 展望休憩岩14:00〜14:05→ 登山口14:30                                      
山の地図(PDF版) / 目次へ
コバノミツバツツジが咲いている頃に大師山を歩こうと出かけた。北近畿豊岡自動車道「山東インター」下車、鯨峠
トンネルを経て国道9号へ、道の駅「夜久野」から県道63号へ、薬王寺峠から赤花集落に入り案内板のある登山口
に着いた。路肩駐車していると地元のおばさんが「そこに駐車してもええよ」と指定の場所に駐車させていただいた
しばらくして、とれとれの椎茸を「よかったらどうぞ!」と頂いてしまった。精一杯のお礼を申し上げスタートした。

大師山ハイキングコース案内板
案内板横の桜は5分咲きだった

  ここからスタート
  

  東屋まで広い林道を歩く
  

大岩の道に行こうとしたが右に進む

  神水の洞窟
  

  六角堂と書かれた休憩所に着いた

  カガミ岩
  

  枯木の向こうに東里ヶ岳が見えた
六角堂と書かれた休憩所は展望も良く江笠山・郷路岳・東里ヶ岳が見えた。またコバノミツバツツジと巨石群が目の
前に見えた。ここから見るコバノミツバツツジと巨石群が大師山の巨石群を代表しているようだ。        

  


六角堂から見たコバノミツバツツジと巨石群
  

  佛ヶ岩
  

  六角堂から次の巨石へ
  

玉岩からの展望も良い
  

  イワカガミが咲く(ピンク)
  

  イワカガミ(白)も咲いていた
  

  重箱岩
  

  大師山から離れて権現山に向う
  

  道中には大きな岩があった
  

        ここにも大岩が
  

  地形図の卍には手水石があった
 

  


  卍は寺跡らしく小広場となっていた


  卍から権現山に向う


  権現山へはず〜と尾根道を進む

鹿が多いのか下草がなく糞が見られ尿の匂いで臭い。464ピークまでは笹が少し生えていたが気にならない程度だった。

権現山の山頂にて
  

  三角点と山頂の表示板
  

  山頂のイワカガミはまだ蕾
  

山頂から見えた南方面の山々
  

  反対側には高竜寺ヶ岳が
  

  権現山から往路を下山、大師山へ
  

  定番のアセビの白花もあちこちに
  

  


  展望休憩岩に到着
  

  艶やかなコバノミツバツツジ
  

展望休憩岩から江笠山を望む
  
展望休憩岩からの展望はすばらしかった。少し休んだ後、往路で観なかった巨石めぐりをしながら帰ることにした。

        夫婦岩へ上がる                                 夫婦岩
  

胎内くぐり
  

  道中から見た六角堂(休憩所)
  

  登山口に戻ってきた