氷ノ山(1509.6m )
                                      2011年10月9日(日)晴れ
                                                    
響の森駐車場9:35→ 氷ノ越登山口9:45→ 氷ノ山越10:25〜10:35→ 氷ノ山11:35〜12:50→ 仙谷分岐13:05→ 
仙谷登山口14:15→ 響の森駐車場14:25                                            
山の地図(PDF版) / 目次へ
中国自動車道「山崎」インターから国道29号を北上、鳥取県に入り氷ノ山の案内板に従い右折し国道482号に入
る。道なりに進むと氷ノ山自然ふれあい館 響の森 専用駐車場に着いた。今日は冬場の氷ノ山を歩くための下見を兼
ねた山歩きで日本二百名山に掲載されていた氷ノ越登山口から氷ノ山へ、復路は仙谷コースを下山する予定。   

  響の森の駐車場に入る
  

  広い駐車場だ
  

  道路を上がり登山口へ
  

  キャンプ場施設の中を通る

  氷ノ越登山口

  登山口の案内板
駐車場からは登山口の表示板がなく適当に道路からキャンプ場施設の上を目指すと氷ノ越登山道の表示板があった。

  電気柵があるが、はずして進む
  

  登山道は歩き易く楽に歩けた
  

  道中には案内板が多い
  

  登山道にはマムシクサの果実が
  

  氷ノ山越に着いた
  

  氷ノ山越から見えた山頂
  
氷ノ山越には氷ノ山越非難小屋があり近くのベンチで一休みとした。ここからは山頂非難小屋がうっすらと見えた。

  


  ブナの木が多い登山道
  

  登山道にはブナの根がびっしり
  

  見上げるとブナの紅葉が
  

  山頂非難小屋が近くに見えてきた
  

  仙谷分岐、岐路はここを下ろう
  

  コシキ岩を見上げる
  

山頂への最後の階段を登る
  

                   山頂は人でいっぱいだった                      氷ノ山山頂非難小屋
  
山頂に到着すると人人で溢れていた。表示板で記念写真を撮ろうと思ったが人が多すぎて撮る気が失せてしまった。

  


山頂トイレの2階から見た三の丸方面
  

  昼食の後、往路を下山
  

  道中からスキー場が見えた
  

  仙谷分岐から下山することにした
  

  仙谷分岐の案内板
  

   急坂のブナ林を下る
  

  イワカガミがあった
  

  案内板は多い
  

   沢まで降りることになる
  

  沢沿いに下るが岩が滑るので要注意
  だ!

  足元注意の表示板が             急な岩場の下りには鎖場があった      沢沿いには転落注意の表示板も
  

  


  登山道には大きなトチの木が
  

  何度も沢を横切るが岩の上は滑る
  ので要注意だ!

  大きなトチの木があちこちに
  

  やっと明るい場所に出た
  

  ここには大きな看板があり、往路で
  これを見るとビビッてしまうだろう

  ススキ原に出るとその先はスキー
  場だった

  直進するとスキー場、ここを右に
  曲がり杉林に入るが表示がない

  案内板には仙谷登山口の表示がない
  なんで表示がないのだろう

  仙谷登山口である道路に出た
  

  仙谷登山口の案内板
  

  道路沿いに咲いていた小さな草花
 

  崖崩れだが乗り越えて進む
  

  響きの森の駐車場に戻ってきた
  

  春米棚田眺望所から見た棚田
 

  ふれあいの湯があり寄ってみた