沖ノ山(1318.2m )
                                      2012年3月29日(水)晴れ
                                                    
駐車場8:45→ 若杉休憩舎8:50〜9:05→ 尾根道(休)10:05〜10:25→ ブロンズ像11:15〜11:20→ 沖ノ山(昼食)
11:50〜13:00→ ブロンズ像13:20→ 尾根道14:00→ 東屋(休)14:50〜15:00→ 若杉峠15:05→ 駐車場15:40 
山の地図(PDF版)目次へ
朝から快晴、今季最終の雪山は2日前に天児屋山から見えた沖ノ山に行ってみようと車を走らせた。千種スキー場か
らの峰越峠は(2日前、兵庫県側の除雪がまだ、岡山県側は除雪済)なので中国自動車道「作用JCT」から鳥取道に入
り「大原」下車、国道373号に入る。西粟倉村の大茅スキー場を経て若杉原生林の駐車場に着いた。      

  若杉原生林の駐車場に到着
  
若杉天然林案内板
  駐車場の若杉天然林案内板
  * 写真はクリックで拡大

  入口からスノーシューで入る
  

  取り付きは若杉休憩舎から
  

  植林の切り開きから登るが急坂だ
  

  やっと登ると体が熱くなってきた
  

今度は少し下りだ、リボン標識等は全くない
  

やがて大きなブナ林に出た
  

熊の足跡?が点々と続いていた
  

やっと尾根道に到着、ここでお茶にする
  

  


尾根道から少し下に行くと後山〜駒ノ尾山が見渡せた
  

なだらかな平原を歩く
  

ブナの新芽もすこし膨らんだ気ようながする
  

ブナの大木があちこちに
  

  


沖ノ山までのルートが見えた
  

風雪に耐えるブナの大木
  

ブナ大木の中を歩く
  

突然、雪の中に見えてきた灯篭、不思議な光景だ!
  

  


雪の中に立っていたブロンズ像
  

山頂まであと2つ程のピークが待ち受ける
  

振り返ると氷ノ山・くらます・三室山が見えた
  

山頂まであと少しだ
  

沖ノ山の山頂にて
  

初めて見られた大山に感動(先着の女性が教えてくれた)アップで見る
  

  


山頂で昼食後、雪山を見ながら下山
  

  往路の尾根道に戻ってきたが天気
  も良いので若杉峠経由で下山する

  若杉原生林の案内板に従い進むが
  この先の植林から不明瞭になる

  植林は直進せずに右斜め下に降りる
  とコースだった

  見覚えのある東屋に到着した
  展望は良くここでお茶タイム

  東屋から若杉峠に降りる
  

  若杉峠の地蔵さんは雪に埋まる
  

  大茅スキー場(原生林入口)方面へ
  

  沢沿いに下る、雪が少し緩んできた
  

  無事、若杉休憩舎に戻ってきた
  帰路は除雪済の峰越峠を経て帰る