婆々山(742.9m )
                                      2013年4月28日(日)晴れ
                                 
駐車場10:30→ B地点11:10〜11:15→ A地点11:35〜11:40→ 婆々山12:05〜13:00→ 78-L8電柱13:35→
駐車場14:00                                              
山の地図(PDF版)目次へ
連休が始まり高速道路は車が多いし行楽地はどこも人で溢れていそうなので静かな山合いにある「さのう高原」の婆
々山を歩いてみようと出かけることにした。たじまハイキング本を見ると、ここは道路歩きが多くファミリー向きの
コースらしい。和田山までは北近畿豊岡自動車道で、和田山からは国道312号で「さのう高原」に向かった。  

道中から見えた婆々山
  

左上に「スカイビラさのう」が見えた
  

近くのフジは満開だった
  

下に駐車場が見えたので入る
  

「スカイビラさのう」近くの駐車場に車を停める
  

駐車場上の道路からスタートする
  

八重桜が咲いている通りを歩く
  

パラグライダーの練習のようだ
  

  


道路からフォレストアドベンチャーへ
  

フォレストアドベンチャーの案内板
  

案内板に従い植林の中を進む
  

舗装路に出て道路歩きが始まる
  

下には先程の練習場が見えた
  

左上にはアドベンチャーコースが
  

ハイキングコースの案内板があった
  

  ヘアピンカーブの先に電柱が見えた
  案内本にあった電柱か確認する

  78-L9とあり案内本の78-L8は、こ
  の下にある電柱のようだ、覚えておこう

            B地点のフライト場に到着                       フライト場からの展望は良い
  

フライト場から見た段ヶ峰方面の山々(アップで見る)
  

  


B地点からA地点に向かう
  

この辺りの藤はまだ蕾みだった
  

コバノミツバツツジは満開だった
  

ハイキングコースは道路から山道へ
  

左に婆々山が見えてきた
  

A地点のフライト場に到着
  

倒壊した建物からの展望は良い
  

登山道は山腹を取り巻くように続く
  

取り付きからは急坂を登る
  

婆々山の山頂に到着
  

ベンチが2つあり、ここで昼食と昼寝をした
  

三角点
  

山頂はアセビでいっぱいだった
  

ピンクのアセビ
  

  


山頂から往路方面に下山
  

下った先の展望場から見た粟鹿山方面の山々(アップで見る)
  

展望場から尾根を下る
  

目印はないが鞍部から右の道路へ出る
  

  道路に出ると78-L8の電柱があった
  これが案内本に書いてあった電柱だ

   道路の電柱から右に少し上ると
   往路で見た78-L9のはずだ

往路の78-L9電柱がありヘアピンカーブの道路に合流した
  

往路を下る
  

暖かいのでシマヘビが日なたぼっこ
  

駐車場の車は増えていた
  

駐車場からは婆々山がよく見えていた