東山(1015.9m )
                                    2014年2月16日(日)時々晴れ
                                                    
駐車場10:05→ 尾根道登山口10:35〜10:40→ 展望場11:10〜11:15→ 登山道分岐12:05〜12:10→ 山頂(展望
台)12:20〜13:20→ 登山道分岐13:25→ 登山道登山口14:05〜14:10→ 駐車場14:35                  
山の地図(PDF版)目次へ
久しぶりに北の空まで晴れそうなので宍粟の雪山を歩こうと出かける。ここは駐車場から登山口がすぐなので今年初
のスノーシューの足ならしに丁度良い。中国道「山崎」インターから北上し東山温泉メイプルプラザに向かう。撫子
は風邪気味なので自宅待機ということで山昼一人での山歩きとなる。前日来の降雪で雪は多そうだ。       

東山温泉メイプルプラザに到着
  

メイプルプラザ前の駐車場に駐車
  

舗装路を尾根コース登山口に向かう
  

雪が深く東屋手前でスノシューに
  

屋根の雪塊が今にも落ちそうだ
  

近くの案内板
  

尾根コース登山口からスタート
  

入口には棒が立っていた
  

先行者のトレースが続いていた
  
雪は深く吹き溜まりではかなり足が沈む場所もあったが先行者のラッセルがあるおかげで楽して歩くことができた。

先行者の後なので楽に歩けた
  

尾根道では積雪が少なくなった
  

ベンチのある展望場に着いた
  
先行者がラッセルの連続で疲れたと引き返してきた。ここから私が先行して歩くが尾根道の雪は風で少なくなった。

  


ベンチのある展望場で少し休む
  

展望場からメイプルプラザが見えた
  

植林の中を歩く
  

雪景色の植林
  

雪に埋まる木々
  

展望が開けた場所に出た
  

雪中の案内板
  

雪の綿帽子を纏う木々
  

登山道コースとの分岐の案内板
  

  


分岐から山頂へは、たっぷりの積雪だ
  

山頂の展望台
  

展望台は霧氷が張り付いていた
  

展望台の霧氷
  

植松山の山容がうっすらと
  

雪に埋まる山頂の標柱にて
  

風が冷たく山頂少し下の陽だまりで昼食
  

復路は登山コースを下山
  

人が雪を纏ったようなユニークな木
  

  


下山はほとんどが植林の中
  

植林に降り積もる雪
  

登山コースの登山口に着いた
  

あとは舗装路の雪道を歩くだけだ
  

東山名水(左)の分岐まで帰ってきた、ここは直進
  

駐車場に戻ると車は増えていた、この頃は晴天に
  

近くの雪場では親子連れの子供達が遊んでいた