加東市最高峰(648m )
                                 2014年12月23日(火)曇りのち晴れ
登山道、案内標示なし                                          
鴨川の郷9:05→ 展望台9:25〜9:30→ 「上鴨川」10:10〜10:20→ 鞍部10:30→ 「大峯」11:25→ 加東市最高峰
11:40〜12:20→ 「大峯」12:30→ 鞍部13:15〜13:20→ 鴨川の郷14:00                            
                    山の地図(PDF版)目次へ            婆婆岩(入道岩)へ
神戸新聞に加東市最高峰の愛称募集の記事が掲載されていた。登山道もなく展望のない山に関心はなかったが山名応
募ならしてみようと思った。しかし、どんな山かもわからないのでとりあえず歩いてみることにした。ネットを見る
と山あそさんのレポートがあったので後追いで辿ってみることにした。国道372号からやしろ鴨川の郷に向う。  

やしろ鴨川の郷が見えた
  

駐車場に車を止める
  

鴨川ひびきの森からスタート
  
案内図
案内図 *クリックで拡大
  

つづら折れの階段道を歩く
  

展望台に到着
  

展望台からやしろ鴨川の郷がよく見えた
  

ウバメガシの林に突入
  

小枝が邪魔し何度か帽子を落とす
  

白いテープが続いていた
  

P437.3へはシダの急坂を登る
  

  


P437.3 点名「上鴨川」に到着
  

ウバメガシ
  

今度は鞍部まで急降下
  

鞍部の砂地に着いた
  

鞍部の奥は小屋がありその先は舗装路が見えた
  

鞍部の上からは朽ちかけた木の階段道が
  

その上は開けて日当たりが良かった
  

振り返ると先ほど急降下した「上鴨川」が見えた
  

ここからは歩き易い登山道になった
  

  


左に植林が現れた、右は自然林
  

ネットにあった左折れポイント、内は緑のテープ
  

左折れポイントの緑のテープ
  

すぐの登山道には、点名「大峯」
  

茶色の山でミヤマシキミの赤い実
  

登山道脇には屏風のような大きな岩が見えた
  

そして加東市最高峰、木々に囲まれた淋しい所だ
  

往路を下山
  

鞍部からは谷沿いに下山、滝ノシリに向かう
  

  


滝ノシリに通じる地形図波線に出た
  

すぐに寸断された箇所があり、下に降りて横断
  

道がないと思ったがドラム缶横を進む
  

すぐに元の道に出た
  

小さな沢を渡る
  

道は侵食されて細くなっている箇所も
  

道は荒れているが段々良くなる
  

滝ノシリから鴨川ひびきの森遊歩道に入った
  

鴨川ひびきの森の入口に戻ってきた
帰りに寄り道した 婆婆岩(入道岩)へ