飯豊山(2105.2m )1日目
                                      2016年7月20日(水)曇り
                                                  
大日杉登山口 6:20→ 御田7:15〜7:20→ 地蔵岳9:10〜9:20→ 目洗清水10:20〜10:25→ 御壷(昼食)11:15〜
11:55→ 切合小屋13:15                                                  
                 コース図(PDF版)目次へブログへ             2日目へ
ヒメサユリの頃に行きたかったがやっと晴れ間が見えたので車を走らせる。18日午後に出発し北陸自動車道「尼御
前」で車中泊、19日、日本海東北自動車道「荒川胎内」下車、国道113号、県道8号を経て県道378号から大
日杉登山口への町道に入る。道は細いが対向車もなく難なく着いた。今日は切合小屋までなので気楽に行こう。  

前日に県道378号から大日杉登山口への町道に入る
  

左写真内の案内板
  

車中泊なので手前の広い駐車場に車を止めた
  

本日、朝からスタートし登山口へ
  

橋を渡る
  

左には大日杉非難小屋が見えた
  

右の小屋で登山届けを提出
  
案内板
すぐに大日杉跡の説明板が * 写真クリックで拡大
  

ザンゲ坂のクサリ場を登る
  

  


ブナの大木が続く登山道
  

根元にはブナの実がいっぱい落ちていた
  

長之助清水への分岐
  

御田の大杉
  

やっと地蔵岳に着いた
  

センジュガンピ(地蔵岳にて)
  

ニッコウキスゲがちらほら見えてきた
  

まだ残っていたヒメサユリ
  

  


ミヤマクルマバナ、これは多い
  

植生がダケカンバ林へと変わる
  

御壷に到着
  

御壷の石の祠
  

途中の脇道に入るとニッコウキスゲがいっぱい
  

種巻山経由で切合小屋に向かう
  

種巻山方面へ
  

沢を渡る、この辺り高山植物が多いので撮りまくる
  

  


ヨツバシオガマ
  

ミヤマリンドウ
  

ハクサンコザクラ
  

ヒメサユリ
  

ウサギギク
  

クルマユリ
  

イワカガミ
  

足元は根曲がり竹の切株で歩きにくくなる
  

最初の雪渓は上の方まで行って渡る
  

  


切合小屋近くの高台から渡ってきた雪渓を振り返る
  

切合小屋近くの高台から飯豊山方面を見る
  

切合小屋が見えてきた
  

       切合小屋に到着、今夜はここで宿泊   2日目へ